RECRUIT 2018採用情報

CAREER PROFILE職種紹介

職種

営業
業界・業種問わずたくさんの人に出会え、
スケールの大きな交渉もできる。
官民問わず、土木や建築工事を受注するためにさまざまな人と接して情報を集めるのが営業の仕事です。工事依頼の担当者から、その上層部、多岐に渡る業種の人々など、とにかくいろいろな人の話を聞けるのが魅力。工事が終わった後に「ありがとう」の声が直接聞けるのも、仕事のやりがいの一つです。その他、工事入札業務、経営事項審査の対応、建設業許可等の更新、業界との連携および協力等の業務も行います。
技術
建設物が完成した時の喜びはひとしお。
品質・安全にこだわり、工事を進める。
土木・建築工事一式を請け負います。施工管理は計画の策定から始まり、工程・品質・安全・原価等の管理を行います。同時に発注者や工事区域に暮らす方たちなどと、コミュニケーションを取り、調整を進めながら建設物を完成させます。施工のほとんどは屋外で、天候との戦いなどはありますが、やはり何もないところから建設物が出来上がる達成感は何ものにも代えられません。
設計
緻密な計算と、人を思う気持ちが、
大きな感動へつながる仕事。
建築物の目的、要望、予算などを顧客と打ち合わせた後、現地調査を行い、基本設計、実施設計を進めていきます。出来上がった設計図書は顧客の承認を得て施工部へまわし、いざ工事がスタート。施工中も定期的に品質管理のチェックを行います。顧客の気持ちを読み取り、反映させるためのコミュニケーションが欠かせない仕事です。自分で設計した建築物が設計通りに出来上がり、それを目にした瞬間、大きな感動が味わえます。
事務・経理(内勤)
コミュニケーション力が育つ、光る。
〝縁の下の力持ち〟的な存在。
社員の福利厚生や健康管理、会社行事の運営、社内外の慶弔対応、役員秘書業務、固定資産・備品管理、経理関連業務一式など、土木・建築・営業部以外のすべての業務を行う、縁の下の力持ち的な仕事です。多岐に渡る業務の窓口となるので、予想外のことがおこることもしばしば。しかし、社内全体から頼りにされ、各部署との連携・調整役として、自身の均衡能力をアップさせることができる仕事です。